特許申請は特許事務所に頼もう

特許申請は特許事務所に頼もう

良く皆さんが色々なアイデアを思いついたりすると、「特許を取って大儲けしよう」と言ったりしますよね。そもそも特許を取るには、特許庁へ特許申請を行わなければいけません。特許庁へ特許申請を行うのは、自分個人でもできます。しかし特許申請のプロフェショナルである弁理士と呼ばれる専門家に依頼をするのが一般的です。というのも、自分で特許を申請しても、明細書やクレームや図面と言った書面を作成しなければなりませんし、なによりも、特許庁から拒絶理由通知書が通知されてしまえば、それに応答しなければなりません。そして応答には法律で決められた日にち内で応答をしなければならず、もしその決められた日にちを超えて応答した場合には、申請していたアイデアや発明が無に帰してしまう可能性があるのです。折角のアイデアが無駄になってしまったら悲しいですよね。 そんなことがないように、弁理士という特許の申請のプロフェッショナルに特許出願をお願いすることが正しい選択と言えます。確かに私たちの代わりに弁理士が申請することによって、費用は掛かってしまいますが、損害賠償等が請求されないようにするためにも、特許事務所に依頼するのが良いでしょう。