胃酸過多と対処法

胃酸過多と対処法

というものがあるのをご存知でしたか。
胃は食べ物を消化するために胃酸を分泌しましが、この胃酸の分泌量が通常の人より多いことを言います。
また、この症状の人は、食べ物を消化する時だけでなく、常に胃酸が分泌されているのです。
過剰に分泌されることによって、胸焼けや胃もたれ、もしくは、ゲップがたくさん出てしまい、常に不快感が襲って来ます。
さらにこの症状が悪化すると、胃の別の病気にもかかってしまう恐れがあるのです。
この胃酸過多症の原因とは何なのでしょうか。
その大きな原因はストレスです。
ストレスで自律神経が乱れることによって、ガストリンと分泌が過剰になります。
このガストリンは胃液の分泌を調整してくれるのですが、それが過度になると、胃液までもが発生してしまうのです。
この治療法としては、胃液の分泌を抑える、「分泌抑制薬」を服用します。
それと、食事の見直しとして、コーヒーやアルコールや香辛料などの刺激物を、控えなければいけません。
自律神経の乱れを抑えられるため、スポーツをしたり、湯船にゆっくり漬かったりするのも効果的です。
自身の生活習慣を見直し、ストレスを溜め込まないよう、発散方法を見つけることが大事です。