e-モビリティへの変化で採用にも変化が

e-モビリティへの変化で採用にも変化が

これからの車業界は、どのように変化していくのでしょうか。
車の主流は、ガソリン車から電気自動車へと移りつつあります。
ハイブリッド車や電気自動車は、すでにありふれた存在になりました。
これからのこの変化は続いていくことでしょう。
外資系自動車部品メーカーのボッシュ・ジャパンでも、この変化に対応するため研究開発を急いでいます。
環境規制が厳しくなることが予想される現在、クリーンな車とそれを支える部品がぜひとも必要となってくるでしょう。
ボッシュグループは、e-モビリティへの移行とともに、内燃機関の燃費向上を目標として掲げています。
e-モビリティに移行するには、これまで重用されてきた機械工学だけでなく、電子・電気・制御工学の力が必要です。
そこで、ボッシュ・ジャパンでも、研究・開発に重点を置いた採用がされています。
燃費向上・e-モビリティへの移行を実現するには、優秀な人材がどれだけいても足りないでしょう。
就活・転職をお考えの方は、応募リストの中にボッシュ・ジャパンを加えることをおすすめします。
これからの車業界では、新しい技術を開発できなければどんどん取り残されてしまうでしょう。
ボッシュは、研究・開発に力を入れているからといって、社員に無理をさせているわけではありません。
ライフワークバランスを大切にし、社員がベストなパフォーマンスを発揮できるようにサポートしてくれます。
就職するとしたら、このように研究・開発に力を入れ、人材を大切にしてくれる企業を選ぶべきです。