若い女性にも育毛シャンプーの時代がきています。

若い女性にも育毛シャンプーの時代がきています。

今、女性の間でも「育毛シャンプー」は密かなブームです。
不況のあおりを受け、現場では男性社員と同じ様に、女性も職場の風あたりは年々、強くなっていくばかり。
優しい心を持つ女性は、特にストレスを感じる社会ですよね。
そういう時代背景から、女性はストレスで薄毛になっていきます。
男性がストレスで、髪が抜ける話を良く聞きますが、まさか女性でも。
そう、若い女性でも抜け毛とストレスは多いに関係しているのです。
最近、のんびりした田舎から東京へ行く機会がありました。
その時、電車で立っていますと、私の丁度前の席に座っている、まだ20代の女性の登頂部の薄毛が気になりました。
その横の若い30代前半らしき女性の髪も、かなり気になる状態でした。
都会に揉まれる女性&彼女達の髪は、かなりダメージを受けているのだなぁ、と悲しい気持ちになってしまいました。
でも、女性は男性と違って育毛改善は何歳になっても期待できる様ですよ。
そう思うと、少し明るい気持ちになってきませんか。
実は私も36歳の時に、女性なのに、かなり頭頂部の毛が薄くなってしまいました。
振り返ると、当時、ストレスを受けるショックな出来事が重なっていました。
また、女性の場合、35歳頃を境に女性ホルモンが変化するらしいです。
女性は、35歳〜37歳になれば、髪の質や量の劇的な変化を感じるかもしれません。
しかし、それは体の変化としてある程度、受け入れる必要があります。
残った髪やボリュームを大切に。
それ以上の薄毛にならない工夫を、生活の中でしていく他はありません。
その一つの方法に、「育毛シャンプー」があります。
「育毛シャンプー」は、これからの髪を育てる、地肌を作る役割と、今ある髪のボリュームを際立たせる、という2つの側面があります。
地肌を育毛に適した環境に変化させる為に、シャンプーだけではなく、食事や生活リズムも見直してくださいね。